今日ご紹介する車はメルセデス・ベンツCクラスのオーディオです!

世の中的には今日でゴールデンウィークが最終日?かと思いますが、当店は昨日より営業を再開しております!


それではまた早速今日ご紹介するのはメルセデス・ベンツCクラスのオーディオメイクです。

2017-05-07-10-29-23



まずはドアから!!

2017-04-28-16-22-59

現行Cクラスは表の樹脂パネルが外れるので、を外すとこのような感じになります。

2017-04-28-16-24-38

ドアそのものもアルミで出来てましたので、通常の鉄板の車とは響きが違いますが、ドアのプレスラインを見ながらアルミ補強を張っていきます。

2017-04-28-17-03-52

次に中部分をデッドニンぐします。ドアビームより下は、純正の硬質発泡スチロールがくるのでぴったりのサイズにしたかったので厚みを調整しています。

image

次に表のパネルを閉じましたが先にアウターバッフルのベースを作って固定を先にしています。
それはバッフル本体が裏からビス止めをしていると言う理由と、樹脂にそのまま固定しても強度を保たないので
もともと純正のウインドーレールを使いバッフルの一部を固定しかなり強度も上がりました。

2017-05-01-16-21-52

ちょっと写真が反対側のドアになってしまいましたが運転席も同様になってます。
かなり凸凹もありますので小さく切りながらひとつひとつ丁寧に貼っていきました。

そして同時進行で、ミッドレンジのバックチャンバーを作り、
2017-05-04-11-26-45

アウターバッフルも制作して戻すと、

image


このような感じに仕上がりました!!軽く音無をしましたがやはりドアにスピーカーがあるとないとでは、この車の場合においてもかなり良く、ものすごい差を感じます!

image

運転席側のバッフルにおいてはトランクリリーススイッチもきちっと成型して埋め込みました!!

2017-05-01-19-36-42

アンプ部分は下段にキャパシタを装備しそこからブロックにて分配してます。
写真の通り前から来ている電源線にちょっと余裕を持ってあるのは今後リアを作りかえる予定があるので
あえてカットせずそのまま使っています。ケーブルもいいお値段するし^^;

フロント3WAYは、HELIXの HELIX P-SIX DSP MKII 6chアンプ内蔵8chプロセッサーを使ってます。

ウーファー用アンプはパイオニアのPRS-D700でサブウーファーをドライブします!!

あと残すところ作業は今度オーディオテクニカから発売されるお手頃価格で発売される、
AT-HRD1       (詳しくはこちら!)           を取り付けすれば完了!!

ゴールデンウィーク最終日ですがオーナーさんも見に来て待ち遠しいといってました^^

私もどのような音が出るのか楽しみです!!

あとしばらくお待ちください^^                  









         

  



    

banner_c-hr_audio 

           

banner_biamp-rearspeaker




banner_shop

diatone-mz200_banner

banner_chr-speaker-plan

banner_6brand-choice

blam-banner

started-plan-banner

focal_pack-banner_20161011        
    
   


トラックバックURL

今日ご紹介する車はメルセデス・ベンツCクラスのオーディオです! へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

カーオーディオ カーセキュリティ

〒270-0101 千葉県流山市東深井41-2
TEL:04-7193-8690 FAX:04-7193-8695
AM11:00~PM8:00
定休日:水曜日・第3火曜日
お問い合わせ:shop@logon.gr.jp

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

logon8690

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ

トップに戻る