スバル レヴォーグ

今日ご紹介するのはSUBARU LEVORG VN5のオーディオインストールです。





純正のビニールを剥がしてクリーニングしました。



こちらが中のデッドニングです。



こちらがスピーカー背面部分です。もちろん拡散材も投入していきます。


そして表門も写真のようにデッドニングしました。

出来上がって調整が終わってお客様に電話しました。時計は21時30を回ってました。もちろん時間は大丈夫なのでという了解済みで電話しました。終わりましたと!!
そしたらすぐに来てくれて、想像以上のリアクションでめちゃくちゃうれしかったです。DSP
をいれたの初めてだったみたいですがかなり気に入った様子でした。G400の音も大変気に入ってくれたようでこれまた嬉しかったです。納車が遅い時間になりましたが明日はドライブに行くとルンルンでした!!気お付けて行ってきてください^^
有難う御座いました!!


今日ご紹介するのはSUBARU LEVORG VM系(D型)のオーディオインストールです。





今日ご紹介するのはスバルでレヴォーグの配線の直しです。今回は配線の通す場所を信号を別に変えて配線もきちんと色分けをしてきれいにやり直します。それまでは、CM4000のラックスのアンプですが、デッキの後の常時電源から配線がされていたので今回バッテリーからダイレクトで太いケーブルで引き直しました。



写真はすべて配線をやり直してきれいになった状態です。


そして作業後に診断機をかけてチェックします。

ここからは、で行ったデッドニングでは無いのですが1部分をご紹介いたします。



まずはこのような感じでデッドニングがなされていましたが、



ドアノブのワイヤー部分のデッドニングが写真のように破損しています。この状態ですと雨天時に雨の侵入してきます。



こちらがドアストッパー部分のデッドニングなのですが縮んだときにデッドニングシートを裏から押してますので、開閉の多い運転席側などは特に穴が開きやすく写真のようになります。


こちらはドアから来てるメインハーネスの部分になるのですがドア内か、室内側までがほぼ平行で配線が来ていますので中のハーネスについた水がハーネスをつたって中に侵入します。デッドニングをすると言う事は水の流れを計算してデッドニングをしていかないとドアの中が水浸しになりそれが車内を侵食してサビの原因や電気トラブルを引き起こしかねないので細心の注意が必要です。

たまたまこの車を例にとってご説明しましたが、当店に入庫してくる車両の中ではこのような例は珍しくありません。もしドアの下が少し濡れていたりフロアカーペットが湿っぽくなったりしたら水漏れの可能性もありますので早急に対処が必要です。、施工の車に関してはこのようなトラブルを回避するように常に考えながら施工をしていますのでご安心ください。




ログオンってこんな店 NEW 6ブランド対決プラス6 お手軽プラン VER7 NEW6ブランドプレミアムプラン ログオンおすすめカーナビ・ディスプレイオーディオプラン ログオンオリジナル バイアンプ+リアスピーカー切り替えシステム Logon Guard Plan 間違えないショップ選び



今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのオーディオメイクです!

IMG_4672

今日ご紹介するのはスバル新型レヴォーグのオーディオメイクです!

今回は純正のオーディオシステムにDSPとスピーカー交換を行います。

IMG_4609

こちらが純正のドアです。


IMG_4611

純正の樹脂パネルを取ってクリーニングを開始していきます。

IMG_4610

アルミ補強バーも入れて行きます!


IMG_4612

アウターパネルの内側のデッドニングが完成したところです。

IMG_4614

こちらが中の状態です。


IMG_4613

こちらがスピーカー背面部分です。

IMG_4617

この車の場合はサービスホールが樹脂パネルを使用していますが、同時にその上からビニールで覆われているため、このような場合はビニールの内側には水が来ると言う前提で考えるためデッドニングも同様にビニールとほぼ同じ面積を覆うように当店では考えて行います。

IMG_0456

スピーカーはディナウディオのエソテックを取り付けました。

IMG_0469

ツイーターは純正位置に、

IMG_0452

写真のように当店で専用マウントを作って取り付けをいたしました。

IMG_0464

運転席のシート下にHELIX M4 DSPを取り付けました!
今当店では大人気で、既にメーカー欠品ですが先日大量入荷しました!

IMG_0474

このような感じで、シート下に取り付けました。
IMG_4532

そして最後に診断機をかけて、エラーがないことを確認!
そして調整をして本日納車が完了いたしました!慣れるまでこの純正デッキは使いづらかったですが、CarPlayもできてUSBからはハイレゾ再生もできる意外と優れものでした!やはり今後はこのようなスタイルが1番オススメです!

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのウーファー取り付けです♪

IMG_2468

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのオーディオメイクです!サブウーファーをつけました!

FullSizeRender

デッキはスバル純正のデッキでパナソニック製で、デッキ後ろのサブウーファーアウトに接続していきます。

IMG_2454

運転席シート下にアンプを取り付けました!
取り付けたアンプはKICKER KXA400.1のモノアンプで、コントローラーはBluetooth で接続して音量やバスブーストなどが調整できます。

IMG_2451
ウーファーはKICKER TRTP102でウーファーボックスでは良く出る商品です!


私が乗っても大丈夫なぐらい丈夫なボックスなので荷物ぐらいは大丈夫ですね!お客さんもかなり喜んでました!有難う御座いました!


@yugokomizo



今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのDSPアンプの取り付け!

IMG_4056

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのDSPアンプの取り付けです!

IMG_1998

もともと当店で以前スピーカーを取り付けたのでネットワークはシート下にまとめて取り付けてありました。そしてそのネットワークを外してこのDSPアンプ MATCH M5DSPmk2を
今回入れ替えました!

調整能力もパワーも純正デッキをはるかに凌駕しますので出てくる男とは比較にならない位パワフルで繊細な音になりました!お客様もこんな小さいのにここまで変わるとは思っていなかったとコメントを言ってくれました!
いつも有難う御座いました。

cashless-banner


banner3


banner2


ジムニー


KEY


banner_biamp-rearspeaker



今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのアンプ取り付けです!

IMG_0509

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグの、アンプ取り付けです!

以前スピーカーまわりを当店で作業して、今回はアンプを追加してパワーアップです!


FullSizeRender

デッキは純正ダイヤトーンです!

IMG_0510

こちらが以前付けたパッシブで、

FullSizeRender

今回付けたのはKICKER KEY 180.4のアンプで、ネットワークを外して、アンプに交換しました!
当店でスピーカーをつけたお客様は9割以上はシート下にスペースがある場合は左右まとめて必ず設置するので上記の写真の用にコストも抑えて効率よくアップグレードが可能です!

今回の作業は大変お得な、当店のKEYプランステップ1です。

FullSizeRender
FullSizeRender
こちらが前回作ったピラーです!
もう少しで3年?ぐらい経ちますが綺麗に乗ってくれて嬉しいので写真撮っちゃいました^_^



banner3


banner2


今日ご紹介するのはスバル レヴォーグのオーディオメイクです!

IMG_4697
IMG_4696

今日ご紹介するのはスバル レヴォーグです!

FullSizeRender

まずはデッキの写真からスタート!
ちなみに、パイオニアのAVIC-CL902XSをつけました!

IMG_3679

前の車から外したアンプも取り付けました。ちなみに場所は、アンダーラゲッジです!

IMG_3686

ドアも一部写真がなくて、アウターパネルのデッドニングが終わった所から!

IMG_3687

アウターパネルのデッドニングの様子!

IMG_3688

レヴォーグはウインドウレールが近いのでデッドニングの裏にもアルミシートを組み合わせて使います!

IMG_3689

ドアストッパー部分も同様にアルミシートを入れます!

IMG_3685

こちらがスピーカー背面部分になります!

IMG_3690

表面は写真のようになっています!

FullSizeRender
FullSizeRender

ツイーターは、ダイヤトーンのG300を使ってインストールしました!この車のオーナーさんとは出会って15年ぐらいはたつのかな?!今回の新車のレヴォーグや奥さんの車まで入れたら5台目かな!本当にありがとうございます!長くやっているとチャイルドシートに乗ってたお子さんもいまでは成人してたりと歴史も感じます!
あっしも年とるわけだ!でも、現役で車を作るのが大好きなので、今チャイルドシートのお子さんが免許取って車弄りをしてあげられるよう頑張ります!^_^

あ、今度車の写真撮らしてください🤳
よろしくお願いします!

今日ご紹介する車はスバルレヴォーグのアウターバッフル加工です!

IMG_2166

今日ご紹介する車はスバルレヴォーグのアウターバッフル加工です!
IMG_1628

写真のようにポケットは生かしたまま表に飛び出さないようかなりスマートに作り込みました!
IMG_1638

こちらが運転席のアウターバッフルです!

IMG_1635

今回はAピラーも一緒に制作しました!

IMG_1632

こちらが助手席側です!今回取り付けたスピーカーはブルームーンオーディオのRX165です!

IMG_1689
IMG_1693

そしてこちらはRX165のグリルとアウターの一部を一体成型したフロッキー仕上げです!

格好良く出来ました!!

今日ご紹介するのは、スバルレヴォーグのナビゲーション交換です!

IMG_1349

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグに後期のパネルを使ったエアコンスイッチとパネル変更による8インチナビの到着です!

IMG_0832

こんな感じで完成!純正パーツを使っていますのでフィッティングは完璧!

取り付けたナビはパイオニアのAVIC-CL902XSを取り付けました!

既にいろいろ当店でやった車のグレードアップです!


外部アンプとパッシブネットワークによるバイアンプ接続でしたので配線をやり直ししてサイバーでのネットワーク接続に変更しました!

相当変わりましたね^_^

このお客様は、この車が2台目でいつも、毎回少しずつグレードアップしてきて楽しんできて今に至ります!前回の車ではDEH-P01が出たての時に入れて、今回時代の進化をもろに感じていました!^_^




今日ご紹介する車其ノ2 スバルレヴォーグのオーディオインストールです!

IMG_0463
今日ご紹介する車はスバルレヴォーグのオーディオインストールです!

IMG_0336

まずは純正のドアです!

IMG_0339

ビニールを剥がしてきれいに脱脂をしてアルミ補強材を入れました。

IMG_0338

内部はこのようになっています!

IMG_0337

スピーカーの背面にも補強が入っています。

IMG_0341

そして内部のデッドニングが終えたところです。


IMG_0342

レヴォーグは、ウインドウレールに干渉しやすいためデッドニングの粘着面の裏側にアルミシートで補強とすべるようにデッドニングの粘着面を殺しています。

IMG_0343

ドアのストッパーも同様です。これをやらないとデッドニングを押し込んだときにストッパーとあたり、最悪はデッドニングが剥がれたり破れたりするので、ではこのように施行しています。

IMG_0344

表のデッドニングが完成したところです。

IMG_0349

スピーカーはもともと付いていたソニックデザインを使って鳴らします。今後他のスピーカーに変えたいとお客様のご要望だったのでデッドニングを最初にしましたがやはりSpeakerboxとは言えドアの鉄板についていますのでデッドニングをすることで効果は大でした!


IMG_0345

ドアの内張りも同様にデッドニングをします。
こちらはまず施工する前のドアの状態です。

IMG_0346
そしてこちらがドアの内張りをデッドニングした状態です。

そして最後にナビゲーションをパイオニアのAVIC-CL902XSのナビを8インチパネルに変えて装置!シート下にはKICKER HS8を取り付けして先日納車して大変喜ばれてました^_^

写真とったはずだが、、、。見つかったら更新しよう!


今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのナビ交換です!

IMG_9668
今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのナビ交換です!

IMG_9492

取り付けたナビは、ダイヤトーン サウンドナビ200スタンダードのお持ち込み取り付けをしました!スピーカーやウーファーも付いていましたので、きちんと調整したら相当良くなり、お客さんも喜んでくれて良かったです^_^

今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのスピーカー交換です!

IMG_6669

今日ご紹介するのはスバル レヴォーグのスピーカー交換をしました!

新しい店舗もだんだん慣れてきて、一つの仕事が終わったら、変更したりして仕事のスピードが上がるようにしていますが今後の為には必要なので頑張ります!

さて、少しブログがご無沙汰になりましたがすIMG_6627

いません!


まずはドアから!

IMG_6626

今回のプランはデッドニングなしプランですのでインナーバッフルを制作しスピーカーを取り付けました!

IMG_6661

お馴染みのサウンドオブルーフィングウェーブも取り付けして内張りとの密着度をあげています。

IMG_6657

ツイーターは純正位置にインストールマウントは、でアクリルにて制作しました。

IMG_6631

教授のパッシブネットワークはシート下に配置しネットワークを改造してバイアンプに対応させました!

すでにこの車は納車してしまいましたがブログの掲載が遅れてしまってごめんなさい!

またまたいろいろ楽しい車を作るためにがんばります(^_^)



今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのエアコンリフレッシュ!

IMG_6050

今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのエアコンリフレッシュです!
今回はいかに!

IMG_6041

大抵の車には明記してあるエアコンのガス量!
この場合は、450gから500gの間にガス量を設定して下さいねと言う意味です!

納車して一年ぐらいでエアコンの効きが多少弱いなと感じていたようです!
それが、

IMG_6048
 
温度最低の風量マックス!
もはや、この数字は寒すぎなくらいに変わりました!メンテは大事ですよね!


今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのオーディオの巻き2!

今日ご紹介するのはスバル レヴォーグのスピーカー交換です!


今回の作業は、当店のオリジナルプランの作業をベースにフロントスピーカー交換をして、以前使っていたスピーカーをリアスピーカーに持ってきて通常はバイアンプ、スイッチ1つでもうスピーカーになる切り替えシステムを導入しました!


という事で、デッキは純正のダイアトーンサウンドナビの8インチ!


最近は、300プレミが出ましたので話題はそっち?!かもしれませんが(^_^;)


それにしても大きくなったな!
世の中的には、大画面化が進んでますけどサウンドナビにとってはものすごく画期的です!

次にもともと使っていたサブウーファーの取り付け!


何の問題もなくきれいに入りました!

がしかし問題はここではなかった!


純正ナビではよくあることなのですがデッキの後にコネクターはあってもハーネスがない!

と言うことでこのナビ用のハーネスはまとめて、いつもお世話になっているのスバルディーラーからまとめて購入しました。いざ使うときにないのは大変困るので(^_^;)



ツイーターに関してはダッシュボードの上に取り付けました!




もともと持っていたスピーカーをリアスピーカーに取り付けてツイーターもちょうど良い場所に取り付けしました!



そしてこれがリアスピーカー用の切り替えスイッチです。


通常は内蔵アンプの4チャンネルを全て使ってフロントがドアスピーカー、リアチャンネルをツイーターにしてばっちり調整能力を活かした音作りにして、スイッチをオンにすると通常の4スピーカーになるシステムです。当店ではこのスピーカーシステムは相当前から取り組んでいて今回のようなバイアンプ+4スピーカーから、フロントDSPアンプ+内蔵アンプリア、サイバーナビはサウンドナビのマルチシステムでもスイッチ1つで4スピーカーになるシステムも完成しました!

さてこの車は今晩納車なので最終確認をやろう!

納車が楽しみです!

今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのオーディオメイクの巻!


今日ご紹介するのはスバルレヴォーグのオーディオインストールです!

まずドアから行ってみよう!


まずはこれが内張りを外した純正状態です!


インナーパネルのビニールをとって内側をデッドニングしたところです!



レヴォーグは、ガラスのレールが近いのでアルミシートで補強と粘着面がつかないようにしています。


ドアストッパーの部分も同様に補強と、粘着面が滑るようにしています!


スピーカー背面には拡散材を投入!

平らに見えますが、スリットを入れてドアの凹凸に合わせて貼っています!


表面をデッドニングしてインナーバッフルを制作し取り付けしてパイオニアのTS-V173Sのスピーカーをつけました。きっちりと内張りと密着するようにサウンドプルービングウェーブも追加しました!

今日はここまで!



今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのエアコンとオーディオ!


今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのエアコンメンテナンスとスピーカー交換です。

前回のレヴォーグ同様にやはり、ガス量が少ない、、、


半分しか入ってない。

しかも納車されて数日の新車。。

今回は、テストも兼ねて、終了後にもう一度ガスを抜き取って半分しか抜けなかったら問題なのでやってみたら、キッチリ抜けたので、最初から足りてない、、としか(^_^;)

そして次はオーディオ!


デッキは、スバルサイバーナビ!
これを外してネットワークモードで接続します!

そしてドアから!


最近ではレヴォーグが多いですが、まずは純正です!


まずは中を仕上げて、


ドアヒンジのストッパーが当たる部分は、補給と当っても滑るようにアルミシートを追加!


こちらは、スピーカー背面!


そしてこれが表面で、インナーバッフルを作ってスピーカーをつけ、サウンドプルーフィングウェーブと、クリップダンパーを追加して完成!

スピーカーは、モレルのマキシマスです!

ツイーターは、純正位置の交換で取り付け完成!

すでに昨日納車しましたが、やっぱり全然違うと、喜んでたので良かったです!




追記 サイバーナビプランが完成しました!!

pioneer-cyber-navi


こちらも9/29にアップしましたのでご覧下さい!!


今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのオーディオインストール!

今日ご紹介するのは、スバル レヴォーグのオーディオ取り付けです!



以前は、レガシィーに乗っていたのですが、レヴォーグに乗り換えしました!

外した部品は沢山あるのですが、まずはスピーカーを移植して、今回は家族用に
リアスピーカーも追加し、通常はバイアンプ、家族の時は4スピーカーになるシステムにしました!


言語切り替えシステムにはお客様の要望で写真のようなスイッチに付け替えました。


以前付けていたKICKER QS65.2を付けてツイーターはピラーに埋め込みした後、オーナーの希望でグレーでなくブラック仕様にしました!

そしてついさっき納車しました!

まだ持っているアンプや、今回しなかったデッドニングの話しもして楽しかったですね〜^_^

続!スバル レヴォーグのオーディオ完成!

今日ご紹介するのは先日お伝えしたスバル レヴォーグのオーディオインストールが完成しました。


今回ご紹介するところはピラー加工です。


助手席はこのような感じで仕上がりました。ドアスピーカーと縦につながる位置で且つ、アイサイトのカメラの支障にならない位置、もちろん運転したときの視界の妨げにならない位置に取り付けしました。


運転席側も同様の考え方でインストールし、写真を見てもらえばわかるとおりレーダー探知機がもともと付いていますのでその視認性も考えて取り付けしました!


ナビゲーションユニットはスバル純正のダイアトーン サウンドナビを使ってバイアンプ接続で鳴らしました!調整も終わり見違えるようなことになったので納車が楽しみです!

今日ご紹介するのはスバル レヴォーグのオーディオインストールの巻

今日ご紹介するのはスバル レヴォーグのスピーカー交換です!


昨日のエアコンメンテナンスに続き、
まずは、ドアから!


まずは純正の状態!


中をデッドニングし、ウインドウレールがすごく近い車なので、


アルミシートをいれて、デッドニングの粘着面が出ている状態ですと触った場合に抵抗になったり窓が汚れる原因にもなるのでアルミのつるつるの面を利用しながら補強も兼ねています。


スピーカー背面にはいつも通り拡散材を投入しています!


強化合板で、お預かりしている車のバッフルをまとめて制作!

全て1枚板から作っています。



真鍮コーティングをしていきます!


そして表面をデッドニングしてスピーカーを取り付けしました。装着したスピーカーはパイオニアのTS-V173Sです!

最近人気が高いですね!



デッキは純正のダイアトーンサウンドナビで、シート下にパッシブネットワークを接置し、将来の拡張に備えてリモート線も配線しました。

今日はここまで!

今日はエアコンをもう1台、スバルレヴォーグのメンテナンス!


今日ご紹介するもう1台のエアコンメンテナンスはスバルレヴォーグです!

スピーカー取付の同時作業で機械をセットしメンテナンス開始!

この車も納車されて一カ月ちょいの車両です!


なんと、最大ガス量500gに対して230gしか車に 入ってない!実に半分以下!これは大問題です(^_^;)

結果は、


オイルが20グラムですので最大量を480に設定しました。ようやくこれでベストコンディションですね!

さすがにこれだけ入っていないと漏れているんじゃないの?と思う位でしたが1分間の真空保持テストも難なくクリアしているのでそれも考えにくい。そうなると初めから入っていなかったとしか。。

そして温度測定!


ガス量とは反対で実際の温度はかなり冷えてます!

今日はほんとに新車だからといって安心できない二台を施工しました。
作業前と作業後では全く違うのでお勧めします。最近の車になればなるほどエアコンガスはオイル交換のようにレベルゲージもないし、ガスも窓もないし、エアコンガス量の警告灯もない。本当にわかる手段が無いので、エアコンの効きが悪くなってきて初めて気づく部分ですね。
機械の寿命のことを考えてもメンテナンスは大事だと思いますので興味のある人はご相談ください!




カーオーディオ カーセキュリティ

〒270-0101 千葉県流山市東深井41-2
TEL:04-7193-8690 FAX:04-7193-8695
AM11:00~PM8:00
定休日:水曜日・第3火曜日
お問い合わせ:shop@logon.gr.jp

カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
プロフィール

logon8690

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
楽天市場
  • ライブドアブログ

トップに戻る